前世が実在するかはさておき

久々のブログ更新です。( ↑↑ 上の写真は噴火により一日にして消えた街、ポンペイ)

お客様がヒプノセラピーを体験なさる時、前世の記憶を思い出す方が多いので、一体どんな記憶がよみがえってくるのだろうと私まで毎回ドキドキワクワクです。
とは言え、基本手放した方が良い記憶があがってきますので、残念ながらドロドロネガティブな記憶がほとんどです。

けれどもどんな記憶が出たとしても、すべては過去のお話として、「今」に意識を向けると痛くも痒くもないことに気付けます。

お客様も慣れてくると、どんな悲惨な前世も「あ、そうだったのね。」とあっさり流せるようになり、
「だから(今世では)こういう人生だったのか!!」と冷静に検証が始まり、丁寧に説明してくださいます(笑)

そして、いつでもこういった視点を失わずに生きられたら、かなり楽なのではないかな~、と思ったりするわけです。

深刻になればなるほど視野が狭まって人生にも委縮してしまいがちですが、
「まぁ、そういう人生もあるよね」くらいに肩の力を抜いて、いろんな経験も笑い話にできるくらい軽やかに扱えたら、カルマ(記憶に引っ張られて繰り返す人生パターン)の干渉はきっとなくなっていくのでしょうね。

先日、歯を食いしばる癖により3年以上ひどい口内炎に悩んでいるとのお客様がいらっしゃってヒプノを行なったのですが、
その時に出てきた記憶が、火山の噴火による火砕流に巻き込まれ、息苦しさの中で歯を食いしばって亡くなっていく、というものでした。
彼女は一時期ひどいぜん息も患っていたので、原因はコレだったか!!と妙に納得されたのでした。

このように、前世の亡くなり方の記憶が今も身体の症状として現れていることは結構あります。
けれどそれは過去の記憶だったのか!と理解すると、症状が軽くなっていくのも不思議です。

チャネリングにより前世をお伝えすることもよくあるのですが、
みなさん面白いほど今回の人生でも同じようなことを繰り返しています。
まぁ、今に影響を与えているからこそ出てくる記憶なので、当たり前といえば当たり前なのですが。

それら記憶の複合体によりそれぞれの個性があるとも言えるので、すべて手放す必要はありませんが、お客様のおかげでいろんな発見を私も楽しませていただいております。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP